教育はどのように変わっていくべきか

現代社会において子供を育てることは大人の責任です。
学校では先生たちがさまざまな工夫をこらし、子供にわかりやすく勉強を教えることが推奨されています。
教育は今後どのように変わっていくべきかを問う時、まず人間は何を学ぶべきなのかを考える必要があるでしょう。
ただ知識をつめこみ、試験に合格するだけの能力はもはや必要ではありません。
知識を理解し、それを日常生活の中で使えることこそが重要なので、試験は二次的な結果にすぎません。
仕事にしても人間関係にしても、人が生きる上で必要な力を身に着けることが何より大事だと教えることが大切です。
教育を通じて先生も学生も互いを理解し、高めあう関係ができています。
これは、かつての大人数教室から、少人数の個別指導に教え方が移ったことも関係しています。
今後はさらに密な関係をお互いが持ち、信頼関係の下で学ぶことが重視されるでしょう。
ネットなど新しいツールを用いた指導も模索されており、その効果は高いです。